最適化ロジックを備えた高速生産スケジューラ JoyScheduler

JoySchedulerはベーシック機能に加え、最適計画機能も装備した汎用生産スケジューラです。一般的なMRP、山積み・山崩し計画、さらには最適化アルゴリズムを採用した最適計画機能により、煩雑な工程スケジューリングを、パソコンで簡単に実施することができます。

機能構成

Joyscheduler機能構成図

JoySchedulerは、DB作成ユーティリティ、本体(MRP資材所要量展開、計画機能、表示編集機能)、および外部システム連携機能から構成されます。

  • 生産スケジューラを導入したいが、とにかく安価に仕上げたい。
  • 優先順位計画に加え最適化を装備遺伝的アルゴリズム(GA)+焼きなまし法(SA)を応用した計画処理により自動的に最適な計画をスピーディーに探索します。
  • 加工組立・バッチ生産にも対応電子部品、自動車部品、プラスチック成型等の加工組立工程に対応。また食品、薬品等のバッチ生産工程にも対応できます。
  • 分かり易い計画結果評価機能スケジューリングした結果を納期遅れ、リードタイム、滞留時間等評価項目の価をレーダチャート上で分り易く表示します。
  • 外部システムとの親和性追求外部システムからJoySchedulerの起動、停止、計画処理等の実行ができます。また、ODBCを介し外部システムとの連携が容易にできます。
  • 高速・高機能で180万円標準的なスケジューラ機能を装備し180万円という価格を実現しました。

計画 / 優先順位計画(ディスパッチルールスケジューリング)

優先順位計画は、受注品を資源に割付ける際のルール(受注品の割付け順番、資源選択基準)をあらかじめ設定し、計画を作成する方法です。優先順位計画の特長は計画担当者があらかじめ設定したルールに基づき、高速に計画立案できることです。
まず受注品を、ソート順1?5までに設定した順番でソートします。次にその受注品を工程内のどの機械で処理するかを決定します。決定方法は、全ての機械に対して評価値の加重平均値を計算し、その中から最も評価値の良い機械を選択します。ロットの計画順序、機械選択評価値は、数多く揃えてあります。これらを組み合わせて使用することにより、柔軟な計画が可能となります。

計画 / 最適計画

最適計画は、優先順位計画のようにロット順番を決定して計画するのではなく、まず、計画の目的(納期厳守、リードタイム短縮、段取時間最小化等)から条件を満たすための最適な計画を遺伝的アルゴリズムと焼きなまし法を用い、自動的に探索する方法です。最適計画の特長は、優先順位計画でなかなか目的に合った計画にならない場合、および誰でも同じような計画を自動的にできたらよいといった場合に威力を発揮する計画機能です。まず、どのような計画を立案したいかについて、計画目的の重みを決定します。次にその計画目的に合ったロットと機械の組み合わせを最適ロジックにより探索し決定します。

表示 / 資源ガントチャート

資源(設備・工程ライン)別にロットを処理する順番を表現したガントチャートです。また、本画面上でマニュアルによるジョブの移動・分割・拡縮が簡単に行えます。

表示 / 評価値レーダチャート

スケジューリング結果を計画目的別に評価するためのレーダチャートです。

表示 / 在庫推移グラフ

製品、半製品、資材、および副資材の未来在庫の推移をグラフ化したものです。

JoySchedulerCRP(Capacity Requirement Planning)

一般的なMRP(資材所要量計算)に加え、作業時間、生産ロットサイズなどを製造能力/設備負荷に応じて調整しながら中日程計画を立案するための計画作成支援ツールです。
JoySchedulerが生産ロットをベースとした小日程計画/差立計画に適しているのに対し、JoySchedulerCRPはロット編成をメインにした中日程計画に適した計画用パッケージです。

JoySchedulerSP

ネック工程の工程計画さえあれば十分と考えておられるお客様向けの単一工程スケジューラです。
独自の最適計画エンジン「J-OPTIMIZER09」により、納期(工程納期)遅れを出来るだけ起こさないようにしつつ、段取回数の少ない製造順を見つけ出します。
着色剤、インキなどの製造ライン、プラスチック品の成形工程など段取り替え作業が製造効率、原価に大きく影響するお客様などに特に使って頂ける商品です。