ネットワーク上の不正アクセスを検知・防御するIDS/IPS機能をサービスでご利用いただけます。

近年、インターネットを活用したビジネスが拡大する中で、企業のWeb サイトやシステムに対するサイバー攻撃の手法が多様化・高度化しており、ファイアーウォールだけでは防ぐことができない被害が増加しています。
キヤノンITソリューションズのIDS/IPSサービスは当社のクラウドサービス「SOLTAGE(ソルテージ)」やホスティングサービスをご利用のお客様が手軽にIDS/IPS機能をご利用いただけるサービスです。お客様に代わって当社がIDS/IPS機能をサービス提供いたします。お客様は機材導入の手間や保守・運用を意識することなく、低価格でセキュアなネットワークを実現できます。

  • 安心・安全の導入や保守・運用キヤノンITソリューションズがIDS/IPS機能をサービスとして提供するため、防御対象サーバーへのソフトウェアのインストール作業は必要ありません。また、機器のメンテナンスやリプレース計画の検討、障害対応といった保守・運用を意識することなくセキュリティを強化することができます。
  • サーバーへの負荷「0」ネットワーク型で提供を行うため、防御対象サーバーのリソースを消費することはありません。また、サーバーのリプレースやバージョンアップによって更改された場合も、ソフトウェアの再インストールやバージョンアップは発生しません。
  • 基本料金内で月次レポートの提供検知/防御件数と攻撃の送信元IP、送信先IP、攻撃の解説サイトのURLなどの情報をお届けします。また、同一セグメント内であれば、防御対象のサーバーが増えても費用が追加発生することはありません。

本サービスでは、以下2種類の品目をご用意しております。
シグネチャによる不正侵入検知防御を実施します。

No.不正侵入検知(IDS)コース不正侵入防御(IDS+IPS)コース
1 IDS/IPS機能提供機器メーカが提供するシグネチャ(※)に基づき、攻撃検知を実施いたします。
・防御対象の契約単位は、セグメントごととなります。
IDS/IPS機能提供機器メーカが提供するシグネチャ(※)に基づき、攻撃検知を実施いたします。また、ご指定の通信について、自動的に防御を行います。
・防御対象の契約単位は、セグメントごととなります。
2不正通信検知時にメールで通知します。
通知内容は、「送信元IP」「送信先IP」「攻撃ID」「攻撃IDの解説サイト(英語)のURL」です。
3月次レポートの提供
レポート内容は、検知/防御件数と、各攻撃の送信元IP、送信先IP、攻撃ID、攻撃IDの解説サイト(英語)のURLです。
・翌月に、前月分のレポートをご指定のメールアドレスへ送付します。
(※)シグネチャ:通信を不正か判断するためのパターンを登録したもの