製品機能

Q B2B Gatewayには手順オプションを付けなくてはなりませんか開く

全銀TCP/IP、JCA、全銀手順の通信を行う場合には、各々手順オプションが必要です。

Q B2B Gatewayの標準の接続先数は何件ですか開く

100件です。オプション追加により5000件まで追加できます。

Q B2B Gatewayは、回線数分の手順オプションが必要ですか開く

回線数に関わらず必要な手順オプションは1つのみです。

Q BANK TCP/IP-ClientをWindowsサービスで起動させることは可能ですか開く

EDI-Master B2B for BANK TCP/IP-Client単体では、Windowsサービス起動に対応していません。
EDI-Masterシリーズの運用管理ソフトウェア(下記「EDI-Master JS Enterprise」)からEDI-Master B2B for BANK TCP/IP-Clientを起動するよう連携させれば、Windowsサービス起動に対応できます。

Q 通信ソフトで、送受信データの文字コードを変換したいのですが開く

通信ソフト(BANK TCP/IP-Client、BANK-Client、JCA-Client)やB2B Gatewayには、送信前/受信後にデータの文字コードを変換する機能があります。
特定の文字コードについて対応可否を弊社にお問い合わせいただく場合、データ内の「半角文字/全角文字」それぞれについて、「変換前/変換後」の文字コードが何か、を予めご確認の上お問い合わせください。
尚、各製品のプロダクトガイドにて、対応文字コードの詳細をご案内しています。