ホーム > ソリューション・製品 > EDI > EDI-Master DEX for Trade NACCS

貿易税関システム「NACCS」とスム-ズな接続を実現するEDIシステム

EDI-Master DEX for Trade NACCSは、企業の貿易業務システムとNACCSセンター※ を接続し、業務連携を行う用途に特化した貿易EDIシステムです。

※NACCS・・・輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社(NACCSセンター)によって運営されている、税関、関係行政機関及び関連民間業界をオンラインで結び、輸出入等関連業務を電子的に処理するシステム。
※本製品は2016年5月9日に「DEX Trade Gateway for NACCS」より「EDI-Master DEX for Trade NACCS」に製品名称を変更しました。

NACCSへの接続方法により、2つの製品形態に分かれています。

[専用線版]
NACCSのメール処理方式 (SMTP/POP3)に対応
利用者側ゲートウェイコンピュータとNACCSセンターサーバを、ネットワーク・トランスポート層にTCP/IP、その上位層をSMTP/POP3で接続する処理方式。

[インターネット版]
NACCSのインタラクティブ処理方式 ebMS処理方式に対応
利用者側ebMSサーバとNACCSセンターサーバを、ネットワーク・トランスポート層にTCP/IP、その上位層をHTTPSで接続し、ebMS2.0で送受信処理を行う方式。

EDI-Master DEX for Trade NACCS イメージ図

EDI-Master DEX for Trade NACCS イメージ図

  • 貿易業務システムとNACCSセンターを接続し、業務連携を行いたい方
  • NACCSとの複数の接続回線を一元管理し、業務の効率化を実現したい方
  • 業務システムとNACCSをシームレスに接続これまでNACCSパックや専用ソフトウェアに直接入力していたデータを二重入力することなくNACCSへ送信します。手間や入力ミスを防ぎ、業務の効率化を実現します。
    基幹システムとの連携や必要な機能の追加、大規模システムの構築まで、貿易業務に精通したキヤノンITソリューションズが責任をもってご支援します。
  • 導入・設定が簡単Windowsサーバに導入するだけで、特別な機器等は不要です。NACCS接続を前提としたパッケージソフトウェアなので、設定内容も他社ソフトに比べてシンプル、コンパクトです。
  • 2つのデータ送受信機能NACCSセンターサーバーとのデータ送受信処理において、メール処理方式 (SMTP/POP3)と、インタラクティブ処理方式(ebMS)に対応。
  • NACCS EDI入力共通項目付加機能NACCSセンターサーバとの送受信におけるNACCS EDI電文の入力共通項目の生成※を行います。
    NACCSセンターへの処理要求電文送信に必要な入力共通項目情報を業務電文定義として
    登録しておくことで、貿易業務システムから出力された業務個別項目にEDI-Master DEX for Trade NACCSが自動で入力共通項目を付加します。

    ※ 貿易業務システムデータとNACCS EDI電文(業務個別項目)とのデータ変換は別途必要です。

データ送受信処理機能

メール処理方式 SMTP/POP3 (専用線版)、インタラクティブ処理方式 ebMS処理方式(インターネット版)によるNACCSセンターサーバとのデータ送受信処理を行います。

転送履歴管理機能

データ送受信情報やNACCS処理要求電文、処理結果電文などの転送履歴情報を管理します。NACCSセンターとのデータ送受信処理における処理要求電文と処理結果電文を照合し、送受信電文や処理結果を確認できます。 転送履歴情報は、「転送年月日」、「業務コード」、「電文種別」などで検索することができます。

システム連携機能

Windows の COM インタフェースによる各種 API とコマンドラインユーティリティを提供します。EDI-Master DEX for Trade NACCS の API 機能を利用することにより、貿易業務システムとNACCSを連携することができます。

自動実行が可能なコマンド実行機能

データ送受信の開始や、前後にコマンドプロンプトで実行する内容などをコマンドとして登録しておくことができます。
また、登録したコマンドは、単独で使用したり、データ送受信と組み合わせて使用したり、設定した時刻に定期的に実行することができます。

定期的なコマンド実行を可能にするスケジュール機能

事前に登録したスケジュール情報に基づき、データ送受信やコマンドを自動的に実行することができます。 日付や時刻を指定しておくことでシステムの自動運転が可能です。 スケジューリングのパターンは、「毎日」「毎週」「毎月」「毎月(第○・○曜日)」「指定年月日」「時間」があります。

フォルダ連携オプション

概要

EDI-Master DEX for Trade NACCSと業務システム等をWindows共有フォルダを経由して連携する機能を提供します。

主な機能

Windows共有フォルダを経由して連携する機能

EDI-Master DEX for Trade NACCSとお客様社内システム(業務システム等)をWindows共有フォルダを経由して連携し、NACCSセンターとのNACCS業務電文の交換を可能とします。
Windows共有フォルダで送受信ファイル(処理要求電文/処理結果電文)の受け渡しを行うことで、簡易なデータ連携を実現します。

EDI-Master DEX for Trade NACCS フォルダ連携オプション  概要図

回線集約オプション

概要

EDI-Master DEX for Trade NACCSとNACCSパッケージソフト(メール処理方式)をTCP/IPネットワークで接続し、NACCSセンターとのNACCS業務電文の交換を可能とします。
NACCSパックとの通信は、SMTP/POP3で行い、POP3認証にはBasic認証を使用します。

主な機能

処理要求電文集約機能

複数台のNACCSパックからの処理要求電文を1つの利用者IDに集約してNACCSへ送信する。
(NACCSセンターとの契約を減らしコストダウンを実現)

処理結果電文振分け機能

NACCSセンターから受信した処理結果電文を複数台のNACCSパックへ振り分ける。
(NACCSセンターとの契約を減らしたときの利便性を確保)

受信電文転送機能

EDI-Master DEX for Trade NACCSで受け取った処理結果電文を業務システム等へ転送する。

EDI-Master DEX for Trade NACCS 回線集約オプション  概要図

EDI-Master DEX for Trade NACCS トライアル

EDI-Master DEX for Trade NACCSの評価をご希望のお客さまは、下記リンク先のフォームよりお申込みいただけます。
どうぞお気軽にお申し込みください。

ホーム > ソリューション・製品 > EDI > EDI-Master DEX for Trade NACCS