ホーム > ソリューション・製品 > 3Dソリューション > Creo > Creoオンラインセミナー動画

Creoオンラインセミナー動画

Creoオンラインセミナー動画
過去に実施したオンラインセミナーを見逃した方、もう一度視聴したい方へ。YouTubeでお届けいたします。

【第1回】 Creoで簡単3D設計!Part1
~これから3D設計を始める方にCreoという選択肢~


Creo(旧Pro/ENGINEER)というと、大規模設計、高価、難しいといったイメージをお持ちかもしれません。ではそんなイメージも随分と以前のお話です。能力はもちろんハイエンドCADですが、操作や価格帯はミッドレンジ並みで3DCAD初心者でも利用しやすくなりました。簡単で使いやすい、汎用性が高い、他社CADとの親和性が高いなど、過去から多くの大企業がCreoを採用してきたのには、それなりの理由があります。Creoの基本的なモデリング機能にフォーカスし、操作デモを交えてご紹介します。
動画
【第2回】 Creoで簡単3D設計!Part2
~Creoだから簡単!パラメトリック系3DCADの特徴を活かした設計手順をご紹介~


製品の構想から製造のプロセスで想定される課題を、Creo でどのように解決していくのか、実際の操作を交えてご覧いただきます。様々なメーカーのCADで作成したデータの流用や再利用、設計検討段階での複数案の比較検討、人間工学に基づいた構造検証など、マルチCAD環境や、お使いのCADでの課題をお持ちのお客さま必見です。
動画
【第3回】 Creoで簡単3D設計!Part3
~せっかくのCreo最新版。もうちょっと使いこなしてみませんか?~


応用編として、Creoは3Dデータを如何に有効活用できるのか。事実に基づく設計を如何に可能にするのか。様々な機能をご紹介します。スマートコネクテッド設計や仮想現実(AR)の利用。3Dプリンター出力やトポロジー最適化を含む付加製造機能や新しい解析ツールなど、最新版のCreo5.0がもたらすものづくりの広がりをご紹介します。
動画
【第4回】 今だからこそ!「3DCADを使ったトップダウン設計」

製品開発においては、手書きや2DCAD、3DCADとツールが変わっても、構想設計段階でいかに課題を盛り込めるかが肝であるのは変わりません。操作の簡単な3DCADの台頭により、今では構想設計を十分に行わなくても、製品の形状が作成できてしまうようになりました。その反面、「設計能力が低下している」、「製品の品質が落ちている」といった声も、ものづくりの現場から出てくることも多くなりました。 そこでいま一度原点に立ち返り、本来の構想設計を行うため「3DCADを使ったトップダウン設計」の実現性を考えてみませんか?
動画
【第5回】ここまで来た!マルチCAD協調設計の今
~「変換のわずらわしさ」から「CADの良いところ取り」へ~


お取引先との連携や親会社との系列、製品別での設計環境など、複数のCADを運用している状況に悩みを抱える企業が多く存在します。データの連携が できず、やむなく中間ファイルへ変換する手間。データ互換に完全性が無い中での、人の手によるデータの修正、チェック作業など、マルチCADイコール手間がかかる設計環境というイメージでした。本オンラインセミナーでは、そういったわずらわしさを、企業競争力に変える幾つかのヒントをお伝えしながら、マルチCAD対応機能と活用例をデモを交えてご紹介します。
動画
【第6回】 イノベーションを加速する!Creo6.0 新機能紹介 その1

昨年5月から9月まで開催し、毎回ご高評いただきました、本オンラインセミナーを半年ぶりに再開します。 今回は、3月にリリースされたCreo6.0の新機能から、次の3つを紹介いたします。
●AR機能の拡張
デジタルツイン(フィジカルとデジタル融合)が製品開発プロセスに変革をもたらそうとしている今、Creo6.0では、AR機能を拡張しました。Creoをまだ利用したことのない方にもわかりやすく、デモを交えてご紹介します。
●使いやすさの向上
Creo4.0で登場したコマンドミニツールバーにコマンドオプションを追加、寸法ドラッガにコントロールを追加など、全体的なUIの刷新により、設計のスピードアップを可能にするCreo6.0を是非お確かめください!
●付加製造機能の拡張
金属プリントの導入により、複雑な格子構造に対応する必要性が一層増しています。Creo6.0は、格子のセルタイプの追加や3MF(3Dプリントの新しい業界標準ファイル形式)対応などが拡張されました。また、トポロジーの最適化機能も拡張され、デザイン、最適化、検証、3Dプリントチェックを、Creo6.0だけで対応可能であることをご覧いただきます。
動画
【第7回】 設計者のアイデアを素早く体感!Creo Elements/Direct 20.2 新機能紹介

これまで本オンラインセミナーでは、Creoのみのご紹介でしたが、 今後は業界トップクラスのダイレクト3DCAD『Creo Elements/Direct』もご紹介してまいります。 今回は、4月にリリースされた最新バージョン 20.2の新機能をデモを織り交ぜてご紹介いたします。
●AR機能の追加
ついにCreo Elements/DirectにもAR機能が搭載されました! 社内外問わず設計以外の関連部門でも、現実空間で3Dモデルをレビューできます。
●操作性の向上
直観的なCreo Elements/Directの操作性がさらに向上しました。
●Annotation-標準規格準拠の向上
新しいISOやASME規格対応はもちろん、 複雑な幾何公差表記をカバーするためダイアログが強化されました。
動画
【第8回】 イノベーションを加速する!Creo6.0 解析機能

昨今のコンピューターやクラウドの進化に伴い、3D設計現場において 電卓や表計算ソフトに加わる設計支援ツールとして、"設計者CAE"が、再び注目されています。 本オンラインセミナーでは、2019年2月末にリリースされたCreo6.0の様々な設計者向け解析機能を リアルタイムシミュレーション"Creo Simulation Live"を中心に、ご紹介いたします。
●解析機能ラインナップ
線形解析、熱流体解析など、Creoに実装されている設計者向け解析機能のラインナップを 紹介いたします。
●"Creo Simulation Live"の紹介
まさにリアルタイムで解析結果が見える"Creo Simulation Live"。 材質を変えながら、寸法を変えながら、迅速に表示される結果を確認しながら、 より最適な設計作業を進めていくデモをご覧いただきます。
動画
【第9回】 Creoで実現!デジタルツイン

デジタル(3Dモデル)と、フィジカル(現実の機器や環境の計測値など)を組み合わせて より良い設計や新しいビジネスモデルの開発などを可能にする 『デジタルツイン』が、近年非常に注目されています。 本オンラインセミナーではこのデジタルツインについて、 具体的にどのように組み合わせるのか、デモを交えて紹介いたします。
●デジタルツインの活用例
『デジタルツイン』には様々な見方があります。 PTCが定義するデジタルツインとその活用についてわかりやすく説明いたします。
●ThingWorxの紹介
デジタルとフィジカルの橋渡しを実現するIoT・ARプラットフォーム "ThingWorx"を紹介いたします。
動画
【第10回】 Creoで実現!ARの世界

製造業のデジタルトランスフォーメーションとして、3DCADデータのAR活用による設計段階のデザインレビューや製造やメンテナンスの作業支援のデジタル変革が既に始まっています。 最新版の「Creo」のAR機能で、どのように活用できるのか、「Creo Illustrate」とPTC社のARアプリケーション「Vuforia」を使用したARコンテンツ作成の流れや事例をデモや動画を交えて分かりやすくご紹介します。
●Creoで作るAR
ARはお使いのCreoであっという間に作成することができます。どれほど手軽に作成することができるのか、一通りの流れをご覧いただきます。
●Vuforiaで作るARコンテンツ
ノンプログラミングでARコンテンツを作成することができるVuforiaについてご紹介いたします。
●Creo Illustrateで作るアニメーション
モデルデータのアニメーションを作成する場合はCreo Illustrateを使用し、Vuforiaに取り込むことで動きのあるARコンテンツが作成できます。
動画