組み込みシステムに最適な高性能フレキシブルボードシリーズ

MXシリーズは、高性能VisiLineシリーズをベースにした基板タイプの産業用カメラです。

組み込み系システムなど様々な設置スペースに搭載できるよう、センサ回路部(28.5×28.5×8.3[mm])とシステム回路部(48×48×8.2[mm])を分離し、柔軟なフレキシブルケーブルで接続した基板構成で提供しています。
センサ部は、SONY社製CCD「ICX」及び、ams Sensors Belgium社製CMOS「CMV」、システム部は、ViviLineシリーズと同様に、オーバーラップトリガ機能、トリガ信号のデバウンサ機能、高速転送に有効な大容量内部バッファ、マルチスキャン転送機能、マルチプルI/Oなど標準装備しています。

  • 組み込み用にレイアウトしやすい基板型モデルをお探しの方。
  • センサ: SONY社製CCD「ICX」/ ams Sensors Belgium社製「CMV」
  • 解像度 : VGAから4Mピクセル
  • フレームレート : 最高376fps(VGAサイズ時)
  • 帯域 : モノクロ(8bit/12bit) / カラー(BayerRG8/BayerRG12/YUV)
  • レンズマウント : C マウント
  • インターフェース: GigE
  • 外部入出力 : デジタルIN×1, デジタルOUT×1
  • 電源 : M8コネクタ, PoE
  • サイズ[mm] : (横×縦×高) センサ部:28.5×28.5×8.3 / システム部:48×48×8.2
  • 重量[g] : 30
  • 環境 : 基板の動作上限温度 70度

    ※GigE Vision規格、GenlCam規格、ARMファミリに対応

GigE

カメラタイプ モデル センサーサイズ ピクセルサイズ
[um]
解像度[px] フレームレート
[fps]
モノクロ カラー
MXG02 1/4“ CCD 5.6 × 5.6 656 × 490 160
MXG03 1/3” CMOS 7.4 × 7.4 640 × 480 376
MXG12 1/3“ CMOS 3.75 × 3.75 1288 × 960 42
MXG20 1/1.8“ CCD 4.4 × 4.4 1624 × 1228 27
MXGC20 2/3“ CMOS 5.5 × 5.5 2040 × 1084 55
MXGC40 1“ CMOS 5.5 × 5.5 2040 × 2044 29

製品関連情報開く

この製品に関連する製品