経営管理に効く!Excel業務の効率化ソリューション

今や業務システムを支えるExcel業務が企業経営においてボトルネックになることがあります。Excel業務を無くすことができない企業活動の課題を解決するべく、Attack Boardは既存のExcel利用を継続したまま、データを自動で収集し管理する仕組みをご提供します。従来のExcelファイルをそのまま活用できるため、生産性向上とコスト削減を実現するとともに、正しいデータに基づいたタイムリーな経営判断が可能になります。

Attack BoardでExcel業務を効率化

経営のスピード化、業務効率の向上を実現するAttack Boardをご紹介する動画です。

Attack Boardは、お客様が利用しているExcelファイルをそのまま活用し、「どの組織の」、「誰が」、「いつ」、「どのセルに」、「何の情報」を書き込んだかをデータベースを活用してデータを自動収集・管理します。また外部システムとのデータ連携が可能であるため、財務データ等をリアルタイムに連携させることで、経営判断に必要なデータの把握と分析がタイムリーに可能となります。

Attack Boardとは?

Attack Board概要図

  • 複数部署間での業務利用時に、どのファイルが最新版かわからなくなる
  • Excelでは、誰が、いつ、入力したかわからない
  • 部署毎の複数Excelシートを、全社用の1つのExcelシートに集計し直すのが大変
  • Excelによる業務管理をやめたいが、システム化にコストを掛けられない
  • Excelをそのまま活用できるシステム従来のExcelをそのまま利用することができます。異なる様式のExcelから一つのExcelに必要な項目を自動抽出しアウトプットすることが可能です。
  • Excelファイルの改ざん防止Excelファイルはシステムにより一元管理されるため、従来のような複数の利用者による更新タイミングで生じるExcelファイルの先祖返り(修正したものが修正されずに更新される、以前の古い状態で更新されてしまう等)を防止することができます。
  • システム連携の自動化Excelで管理されていないデータを基幹システムや業務システムから取り込むことができます。

Excel統合管理・蓄積・配信イメージ

Excel統合管理・蓄積・配信

お使いのExcelなどをそのまま入出力インタフェースとして利用できます。記入者へのExcelの配信機能や記入したExcelの自動集計・蓄積を実現します。
フォーマットの異なるExcelファイルから、集計したい項目毎にまとめて、一つのExcelファイルに出力することも可能です。

ユーザーメニュー

利用するユーザーの役割毎に表示するメニューを指定できます。これにより利用者は役割に応じて何をすべきか容易に理解することができます。

システム連携イメージ

システム連携

基幹システムや業務システムからデータを取り込むことが可能です。

Excelによる予実管理

複数の担当者による複数のExcelファイルから上位者が集計・分析を手作業で行い、さらに上位部門と多くのやりとりを実施して、最終的な経営指標データがレポートされる従来の業務から、属人的な業務はAttack Board側で行うようにすることで、業務の生産性とコスト削減が実現し、経営判断に有効なデータがタイムリーに活用できるようになります。

製品関連情報開く

この製品に関連するソリューション

  • その他 お客さまの業務課題を解決する様々なソリューション