ホーム > ニュース > データセンターを中核としたITインフラサービス事業を強化 西東京データセンター新棟を2020年に稼働 ストック型ITサービス事業を拡大
ホーム > ソリューション・製品 > ITサービスマネジメント > ニュース > データセンターを中核としたITインフラサービス事業を強化 西東京データセンター新棟を2020年に稼働 ストック型ITサービス事業を拡大
ホーム > ソリューション・製品 > ITサービスマネジメント > ニュース > データセンターを中核としたITインフラサービス事業を強化 西東京データセンター新棟を2020年に稼働 ストック型ITサービス事業を拡大
ホーム>ソリューション・製品>ITサービスマネジメント> データセンターサービス> 西東京データセンター> ニュース > データセンターを中核としたITインフラサービス事業を強化 西東京データセンター新棟を2020年に稼働 ストック型ITサービス事業を拡大
ホーム>ソリューション・製品>ITサービスマネジメント> データセンターサービス> 西東京データセンター> ニュース > データセンターを中核としたITインフラサービス事業を強化 西東京データセンター新棟を2020年に稼働 ストック型ITサービス事業を拡大

データセンターを中核としたITインフラサービス事業を強化
西東京データセンター新棟を2020年に稼働 ストック型ITサービス事業を拡大

  • ニュースリリース

2019年2月19日

キヤノンマーケティングジャパン株式会社
キヤノンITソリューションズ株式会社

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)とキヤノンITソリューションズ株式会社(代表取締役社長:足立正親、以下キヤノンITS)は、西東京データセンター新棟の建設を2019年3月1日より開始し、2020年夏のサービス稼働開始を目指します。これにより、データセンターを中核としたITインフラサービス事業をさらに強化し、データセンターサービスやクラウドサービス、システム運用サービスなどのストック型ITサービス事業を拡大していきます。

西東京データセンター

クラウドやIoT、AIなどの技術革新を背景としたデジタルトランスフォーメーションの進展は、あらゆる産業界のビジネス変革を加速しています。これに伴うコンピューティング環境は、社会インフラとしての重要性が高まるとともに、その需要は急速に拡大しています。
こうした背景のなか、データセンターに対しては、建物や設備、セキュリティ、運営品質などの各要素において、従来以上に高度な水準が求められています。

安定した地盤に立地する西東京データセンター新棟はこうしたニーズに応えるもので、2,880ラックの収容と25MVAの受電容量に加え、高性能なファシリティと厳重なセキュリティを備えています。また、長年のデータセンター運営で蓄積した知見・ノウハウをもとに、2017年に「M&O認証※1」を取得しており、第三者機関が証明するグローバル基準の運営品質は新棟においても提供されます。

西東京データセンターを中心とするクラウドサービス事業においては、自社クラウドサービス「SOLTAGE」のみならず、外部クラウドサービスと組み合わせたハイブリッドクラウド環境など、お客さまに最適なインフラ基盤を提供します。キヤノンMJグループのクラウドサービス開発で培ってきた、システム開発やセキュリティ運用、システム運用などの経験・ノウハウを生かして提供されるアウトソーシングサービスにより、お客さまのクラウドシフトを全方位で支援していきます。

キヤノングループが有する顔認証技術や画像処理技術、手書き文字認識技術、言語処理技術に、AIの技術を組み合わせることで、採点結果の自動集計、顔認証サービス、収穫量予測といったサービスを提供しており、金融・製造・流通のみならず農業・教育といった分野でも新たなサービスを開発していきます。また、これら各種サービスや様々なデバイスからデータセンターに集まる膨大なデータを蓄積、分析、予測、活用することで、新たなサービスや顧客価値の創造を目指します。

キヤノンMJグループは、グループITソリューション事業全体の売上高を2018年実績の1,977億円から2025年までに3,000億円まで引き上げる計画です。このうちデータセンターサービスやクラウドサービス、システム運用サービスなどのストック型ITサービス事業※2においては、2018年実績で30%の売上比率を2025年までに40%の売上高1,200億円まで拡大する予定です。


  • ※1米国の民間団体「Uptime Institute」が定めているデータセンターの運営品質に関するグローバル基準。
  • ※2ストック型ITサービス事業は、データセンターサービスやクラウドサービス、システム運用サービス、保守サービスなどで構成されます。

<西東京データセンターの認証取得について>

キヤノンMJグループのノウハウを生かした高品質な運用を行っています。

■安心・安全に利用いただくための第三者機関による認定を取得

①M&O
米国の民間団体「Uptime Institute」が定めているデータセンターの運営品質に関する認証、グローバル基準で要件が満たされていることが審査される。キヤノンITSは国内で2社目に認証取得した。

②ISO20000
安定したITサービスの提供で顧客満足を向上させるための国際規格。キヤノンITSのITサービスの標準化と継続的な改善体制を確立した。

③ISO22301
自然災害や感染病流行などの発生時に事業を継続するための枠組みを定めた国際規格。有事に強いデータセンターとして認定された。

■金融機関が求めるファシリティ

財団法人 金融情報システムセンター(The Center for Financial Industry Information Systems)が定める「金融機関等のコンピュータシステム安全対策基準」FISC安全対策基準に準拠している。

■日本の実情に即したファシリティ基準

日本データセンター協会(JDCC)が定めるデータセンターのファシリティ品質を表す基準で、西東京データセンターはティア4に準拠している。


<西東京データセンターご紹介 ~概要編~>

<西東京データセンター新棟の概要>

西東京データセンター スペシャルサイト詳細はこちら

建設予定地 東京都西東京市
工事着工 2019年3月1日(予定)
サービス開始 2020年夏
延べ面積 17,107m2
階数 地下2階~地上3階
建物高さ 28.10m (軒高)
ラック数 最大2,880ラック
構造 鉄骨造
受電能力 25MVA

本件についてのお問い合せ先

キヤノンITソリューションズ株式会社
ITサービス事業企画部
TEL:03-5730-7952(直通)

関連するソリューション・製品

ホーム > ニュース > データセンターを中核としたITインフラサービス事業を強化 西東京データセンター新棟を2020年に稼働 ストック型ITサービス事業を拡大
ホーム > ソリューション・製品 > ITサービスマネジメント > ニュース > データセンターを中核としたITインフラサービス事業を強化 西東京データセンター新棟を2020年に稼働 ストック型ITサービス事業を拡大
ホーム > ソリューション・製品 > ITサービスマネジメント > ニュース > データセンターを中核としたITインフラサービス事業を強化 西東京データセンター新棟を2020年に稼働 ストック型ITサービス事業を拡大
ホーム>ソリューション・製品>ITサービスマネジメント> データセンターサービス> 西東京データセンター> ニュース > データセンターを中核としたITインフラサービス事業を強化 西東京データセンター新棟を2020年に稼働 ストック型ITサービス事業を拡大
ホーム>ソリューション・製品>ITサービスマネジメント> データセンターサービス> 西東京データセンター> ニュース > データセンターを中核としたITインフラサービス事業を強化 西東京データセンター新棟を2020年に稼働 ストック型ITサービス事業を拡大