ホーム > ニュース > 統合型の画像処理アプリケーション開発環境「RobustFinder Suite」の販売を開始
ホーム > ソリューション・製品 > 画像処理ソリューション > ニュース > 統合型の画像処理アプリケーション開発環境「RobustFinder Suite」の販売を開始
ホーム > ソリューション・製品 > 画像処理ソリューション > ニュース > 統合型の画像処理アプリケーション開発環境「RobustFinder Suite」の販売を開始
ホーム > ソリューション・製品 > 画像処理ソリューション > RobustFinder > ニュース > 統合型の画像処理アプリケーション開発環境「RobustFinder Suite」の販売を開始
ホーム > ソリューション・製品 > 画像処理ソリューション > RobustFinder > ニュース > 統合型の画像処理アプリケーション開発環境「RobustFinder Suite」の販売を開始

統合型の画像処理アプリケーション開発環境「RobustFinder Suite」の販売を開始

  • ニュースリリース

2016年6月7日

キヤノンITソリューションズ株式会社

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神森 晶久、以下キヤノンITS)は、統合型の画像処理アプリケーション開発環境「RobustFinder Suite(ロバストファインダー スイート)」を2016年6月24日より販売開始します。

RobustFinder Suiteのアルゴリズム構築画面

RobustFinder Suiteのアルゴリズム構築画面

「RobustFinder Suite」は、さまざまな産業用検査装置に組み込まれる画像処理アプリケーションを、マウス操作で簡単に作成することが可能な統合型の開発環境です。

近年、製造現場では生産設備の性能向上や検査品質の重要性の高まりから、製造ラインでの作業内容の多様化・複雑化が進み、それに伴い、検査用の画像処理アプリケーションも多様化・複雑化しているため、開発工数の短縮・効率化が課題となっています。キヤノンITSはこの課題を解決するために、これまで開発手法にあわせて開発・販売してきた画像処理製品群を統合した「RobustFinder Suite」の提供を開始します。「RobustFinder Suite」により、お客さまが本格的な開発に入る前に複数の開発手法をGUI上にて検証することが可能となり、これにより、多彩な検査アプリケーションを効率的な開発手法にて開発できるようになります。

主な特長

1. 多彩な検査業務に対応
工場の生産設備や検査設備での位置決め制御や表面検査・異物検査・個数検査など、多目的のアプリケーション開発が可能です。

2. 画像処理アプリケーションを迅速かつ容易に構築
GUI上にて簡単に画像処理アプリケーションを作成する機能と、高度な画像処理ロジックをソースコードに自動生成できる機能を搭載していることから、多彩な画像処理アプリケーションをそれぞれに適した方法で、迅速かつ容易に構築することができます。

3. 開発費用の低減
本格的な開発に入る前に複数の開発手法を検証することが可能であることから、開発作業の省力化と効率化を実現できます。

販売目標

RobustFinder Suite開発版で、初年度100本の販売を計画しています。

販売価格

製品名 型式 価格
RobustFinder Suite 開発版 RFSUITE01-DEV-PRO-U オープン価格
RobustFinder Suite ランタイム(※1)(※2) RF10-LIC/R-U

※1 作成した画像処理アプリケーションを動作させる環境にインストールします。

※2 別途、ソース作成に使用した画像処理ライブラリのランタイムライセンスが必要です。

「画像センシング展2016」で国内初公開

6月8日からパシフィコ横浜で開催される「画像センシング展2016」で、「RobustFinder Suite」を国内初公開し、6月9日の同展示会セミナーでも詳しく紹介します。

タイトル : 画像検査・画像処理システム構築講座
URL : https://www.canon-its.co.jp/seminar/detail/?id=5359

RobustFinder Suiteの概要

1. 統合する画像処理製品

製品名 開発手法 説明
RobustFinder スクリプト形式 産業用画像処理ライブラリ
RobustFinder Source-Code Generator フローチャート形式 ソースコード自動生成ツール
Brevinage フローチャート形式 画像処理アプリケーション構築ツール

2. 開発手順

RobustFinder Suiteを使った画像処理システム開発手順

RobustFinder Suiteを使った画像処理システム開発手順

3. ソフトウェア機能と一覧

● カラー画像にも対応した豊富な画像処理ライブラリ
● 複数のパターンマッチングアルゴリズムを搭載
● マウス操作によりロジックを簡単に構築、ソースの自動生成
● アプリケーション生成機能により、開発工数を大幅に削減可能

画像処理機能 詳細
カラー変換 カラー・ビット変換・擬似カラー変換・LABカラー変換
輝度変換 輝度反転・ガンマ補正・線形変換・輝度自動調整・二値化・ビットシフト・クリップ・シェーディング補正・値セット・凸包・ヒストグラムの平滑化
幾何変換 ミラー・極座標変換・直交座標変換・リサイズ・回転・サンプリング・移動・ワーピング・キャリブレーション・遠近歪
局所フィルタ 空間フィルタ・ランクフィルタ・モフォロジー・高速フィルター・エッジ抽出・メディアン・細線化・線除去・副線除去・連結マッピング・距離変換
位置決め パターンマッチング・パターン検出
認識 コード認識・文字認識
解析 粒子解析・カラー解析・色度・輝度検査・ラベリング・簡易色検査・欠陥検査
測長 エッジ計測、直線計測、プロジェクション計測・円周計測(幅・角度)・ボール検査・リード検査、円検出・形状計測・ピーク計測
画像解析 統計量
画素間演算 画素間演算・複数画素間演算・エッジ評価型差分
画像解析 統計量・フォーカス・ヒストグラム・プロファイル・プロジェクション

4. 動作環境

ハードウェア環境

環境 内容
PC PCAT互換機
CPU Intel Core i3 以上
メモリ 4GB以上推奨。カメラ機器構成や検査処理内容によって推奨メモリが変化する場合があります
ディスプレイ 解像度:1280x1024 以上
画像入力 MatroxSoliosシリーズ, MatroxRadientシリーズ, MatroxGigEVision, MatroxUSB3Visionが必要です

ソフトウェア環境

環境 内容
OS Microsoft Windows7/8(.1) 10 32ビット/64ビット (Brevinageは64ビットのみ対応)
コンパイラ Visual Studio 2008/2010/2012 (ソースの生成は、C# のみ対応)

※ Microsoft, Visual Studio, および Windows は、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※ Matroxは、カナダMatrox社の登録商標です。
※ 仕様は、予告なく変更する場合があります。

キヤノンITSが提供する画像処理ソリューションについて

キヤノンITSは、先進のマシンビジョン製品を中心に、産業・医療・セキュリティ業界に向けた画像処理ソリューションを提供しています。提供したソリューションは、高精度・高速処理が必要とされる各種検査機器、医療機器・印刷機器などに採用され、お客さまの製品品質の向上・コストの大幅な削減に役立っています。
キヤノンITSは、今後も顧客からのニーズに幅広く対応した画像処理ソリューションを提供し、システム開発の品質向上・開発期間の短縮・トータルコストの削減を支援します。

本件についてのお問い合せ先

プロダクトソリューション事業本部 プロダクト企画センター 03-6701-3450

関連するソリューション・製品

ホーム > ニュース > 統合型の画像処理アプリケーション開発環境「RobustFinder Suite」の販売を開始
ホーム > ソリューション・製品 > 画像処理ソリューション > ニュース > 統合型の画像処理アプリケーション開発環境「RobustFinder Suite」の販売を開始
ホーム > ソリューション・製品 > 画像処理ソリューション > ニュース > 統合型の画像処理アプリケーション開発環境「RobustFinder Suite」の販売を開始
ホーム > ソリューション・製品 > 画像処理ソリューション > RobustFinder > ニュース > 統合型の画像処理アプリケーション開発環境「RobustFinder Suite」の販売を開始
ホーム > ソリューション・製品 > 画像処理ソリューション > RobustFinder > ニュース > 統合型の画像処理アプリケーション開発環境「RobustFinder Suite」の販売を開始