ホーム > ニュース > キヤノンITソリューションズがソフトウェア型のWAF製品「SiteGuard」の販売を開始
ホーム > ソリューション・製品 > セキュリティ > ニュース > キヤノンITソリューションズがソフトウェア型のWAF製品「SiteGuard」の販売を開始
ホーム > ソリューション・製品 > セキュリティ > ニュース > キヤノンITソリューションズがソフトウェア型のWAF製品「SiteGuard」の販売を開始
ホーム > ソリューション・製品 > セキュリティ > WAF(Webアプリケーションファイアウォール) SiteGuard > ニュース > キヤノンITソリューションズがソフトウェア型のWAF製品「SiteGuard」の販売を開始
ホーム > ソリューション・製品 > セキュリティ > WAF(Webアプリケーションファイアウォール) SiteGuard > ニュース > キヤノンITソリューションズがソフトウェア型のWAF製品「SiteGuard」の販売を開始

キヤノンITソリューションズがソフトウェア型のWAF製品「SiteGuard」の販売を開始

  • ニュースリリース

2015年4月15日

キヤノンITソリューションズ株式会社

キヤノンMJ ITグループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神森 晶久、以下キヤノンITS)は、Webアプリケーションファイアウォール(WAF)製品「SiteGuard」(開発元:株式会社ジェイピー・セキュア)の販売を開始します。

従来のファイアウォールでは守れないWebアプリケーションへの攻撃に対応

近年、サイバー攻撃は高度化し、WebサーバーやWebアプリケーションのぜい弱性を攻撃して、情報漏えいやサイト改ざん、Webサービスの停止などを狙う脅威が増加しています。従来のファイアウォール製品やIPS/IDS(不正侵入防御)製品による、ネットワークやOSレベルのセキュリティ対策では、これらの脅威を防ぐことが困難です。SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングなどの、Webアプリケーションのぜい弱性に対する攻撃には、WAF製品による防御が効果的です。
SiteGuardは、各種のWebアプリケーションへの攻撃や侵入手法をデータベース化した定義ファイル「トラステッド・シグネチャ」を搭載しているため、導入時に攻撃パターン登録が不要で、すぐに運用を開始できます。さらに、新たな攻撃手法に対しては、トラステッド・シグネチャが自動更新されるため、システム管理者の手間をかけずに、最新の脅威に対応することが可能です。

ネットワークセキュリティソリューションの提案を強化

キヤノンITSは、これまでも、ファイアウォール・UTM製品やIPS/IDS製品の販売を行ってきました。販売製品のラインアップに、WAF製品のSiteGuardを加え、異なるネットワークレベルの対策をトータルで提案することで、お客さまの堅牢なセキュリティ環境の構築を支援します。 また、SiteGuardはソフトウェア製品のため、クラウド環境での利用にも適しています。キヤノンITSと ジェイピー・セキュア社は連携して、AWS(Amazon Web Services)をはじめとしたクラウド環境でのセキュアなWebシステムをお客さまに提案していきます。

第12回 情報セキュリティEXPO 春 に出展

キヤノンITSは「第12回 情報セキュリティEXPO 春」において、SiteGuardを出展し、ジェイピー・セキュア社のエンジニアにより実機デモを実施します。
会期 : 2015年5月13日(水) ~ 5月15日(金)
会場 : 東京ビッグサイト 東ホール43-23
主催 : リードエグジビジョン ジャパン株式会社(http://www.ist-expo.jp/)
出展案内 : http://canon-its.jp/event/expo2015.html

販売開始記念セミナーを開催

キヤノンITSは「SiteGuard」の発売開始を記念してセミナーを開催します。HASHコンサルティング株式会社代表取締役 徳丸浩様による基調講演のほか、Web運用やセキュリティ分野のスペシャリストによるパネルディスカッションも予定しています。
名称 : セキュアなWEBサイト運用のためのワークショップ ~ハッカーが攻撃をあきらめるWEBサイトとは?~
日時 : 2015年5月27日(水)13:30~17:00 (受付開始 13:00)
場所 : キヤノンマーケティングジャパン株式会社 大阪支店(大阪府大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビル 18F)
URL : http://www.canon-its.co.jp/seminar/20150527psw.html

SiteGuardについて

SiteGuardは、日本のインターネット文化を熟知した株式会社ジェイピー・セキュアによって開発された、純国産のWebアプリケーションファイアウォール(WAF)です。専門のネットワークセキュリティ ・アナリストによってチューニングされた、高速で高品質のトラステッド・シグネチャを標準搭載し、多重防御機能と併用することにより、高水準の攻撃防御を実現します。
SiteGuardは、特別なハードウェアを必要とせず、Webサーバーに共存させるホスト型WAFの「SiteGuard Lite」と、ネットワークに独立して設置するゲートウェイ型WAFの「SiteGuard」の2つのラインアップがあります。ネットワーク環境や要件にあわせて選択できます。

販売情報

ホスト型WAF SiteGuard Lite

ライセンス数 新規価格(税別) 更新価格(税別)
1 252,000 円 126,000 円
2~5 216,000 円 108,000 円
6~10 192,000 円 96,000 円

ゲートウェイ型WAF SiteGuard

ライセンス数 新規価格(税別) 更新価格(税別)
1 1,780,000 円 534,000円
  • 金額は1ライセンスあたりの単価です
  • 「新規価格」には初回契約時1年間の製品使用権とサポートサービスが含まれます
  • 「更新価格」には次年度以降における1年間の製品使用権とサポートサービスが含まれます。サポートサービスの内容は、「サポートデスクのご利用」、「トラステッド・シグネチャのご提供」、「最新ソフトウェアパッケージのご提供(お客さまIDを利用する専用ページよりダウンロード)」です。
  • ライセンス数はインストールするOS(仮想環境OS含む)単位でカウントします
  • 「SiteGuard Lite」のボリュームディスカウントは同一契約内でのみ適用となります
  • 「SiteGuard Lite」をプロキシ構成で利用することは原則不可となります(個別対応、別途ご相談)

動作環境

ホスト型WAF SiteGuard Lite ゲートウェイ型WAF SiteGuard
対応OS

RedHat Enterprise Linux 5 / 6 / 7
CentOS 5 / 6 / 7
Scientific Linux 6
Ubuntu 10.04 / 12.04

  • Apache 2.2またはApache 2.4
  • 各32/64bit(x86_64)に対応
    FreeBSD 8 / 9 / 10
  • Apache 2.2またはApache 2.4
  • 各32/64bit(amd64)に対応

RedHat Enterprise Linux 5 / 6 / 7
Cent OS 5 / 6
Scientific Linux 6

  • 各32bit/64bit(x86_64)に対応
CPU Intel Pentium互換CPU(複数コアを推奨) Intel Pentium互換CPU(クアッドコア以上を推奨)
メモリ 2GB以上を推奨 4GB以上を推奨
ハードディスク 空きが5GB以上(ログの保存期間等による) 空きが20GB以上(ログの保存期間等による)
ネットワークインターフェース TCP/IP接続、100BaseT以上 TCP/IP接続、100BaseT以上
  • 仕様は予告なく変更する場合があります。

本件についてのお問い合せ先

セキュリティソリューション事業部 TEL:03-6701-3437

関連するソリューション・製品

ホーム > ニュース > キヤノンITソリューションズがソフトウェア型のWAF製品「SiteGuard」の販売を開始
ホーム > ソリューション・製品 > セキュリティ > ニュース > キヤノンITソリューションズがソフトウェア型のWAF製品「SiteGuard」の販売を開始
ホーム > ソリューション・製品 > セキュリティ > ニュース > キヤノンITソリューションズがソフトウェア型のWAF製品「SiteGuard」の販売を開始
ホーム > ソリューション・製品 > セキュリティ > WAF(Webアプリケーションファイアウォール) SiteGuard > ニュース > キヤノンITソリューションズがソフトウェア型のWAF製品「SiteGuard」の販売を開始
ホーム > ソリューション・製品 > セキュリティ > WAF(Webアプリケーションファイアウォール) SiteGuard > ニュース > キヤノンITソリューションズがソフトウェア型のWAF製品「SiteGuard」の販売を開始