Japan IT Week 春 特設サイト

キヤノンマーケティングジャパングループでは、「情報セキュリティEXPO」「組込みシステム開発技術展」「ソフトウェア&アプリ開発展」の各展示会に出展し、お客さまの多種多様なニーズにお応えする当社グループならではのサービス、ソリューション、製品をご紹介します。ぜひご来場くださいますようご案内申し上げます。

お知らせ

イベント概要

日時 2018年5月9日「水曜日」~11日「金曜日」10時~18時 ※11日「金曜日」のみ17時終了
場所 東京ビッグサイト
主催 リード エグジビション ジャパン株式会社
出展展示会 情報セキュリティEXPO、組込みシステム開発技術展、ソフトウェア&アプリ開発展
招待状お申し込み
※ 主催社ウェブサイトよりお申し込みください

Japan IT Week 春 出展場所


情報セキュリティEXPO

多様化するセキュリティリスクに必要なソリューションを提供

「標的型攻撃対策」「情報漏えい対策」「不正侵入/不正接続対策」をテーマに多様化する脅威に対応した製品のご紹介はもちろんのこと、これから起こり得るリスクや事故を防ぐための対策方法をご提案します。

  • ESET, spol. s r.o. とキヤノンマーケティングジャパン株式会社と共同出展

展示内容

3つの課題解決コーナーをNIST(米国国立標準技術研究所)が定義するサイバーセキュリティフレームワーク「特定」「防御」「検知」「対応」「復旧」の5つのフェーズに分けて、ソリューションを紹介します。

ESET セキュリティソフトウェアシリーズ <イーセット>

ヒューリスティックと多層防御機能でマルウェアを防御

GUARDIANWALLシリーズ <ガーディアンウオールシリーズ>

メール、Web、クラウドの総合情報漏えい対策ソリューション

Clavister <クラビスター>

次世代志向のF/Wで、最新の脅威に多段で対応

SPAMSNIPER AG <スパムスナイパー エージー>

メール無害化、スパムメール対策などを1台で実現

Vormetric <ボーメトリック>

データーの暗号化を効果的に実施することでセキュリティを向上

NetSkateKoban <ネットスケットコウバン>

社内へ不正に接続された端末を検知・遮断

HOME(ホーム)

キヤノンが提供する中小オフィス向けIT支援サービス

情報セキュリティEXPO 技術PRセミナー
マルウェアの解析やセキュリティの最新動向をリサーチしているキヤノンITソリューションズ マルウェアラボの専任技術者が、国内の最新マルウェア動向と対策について解説します。
日時 5月11日(金)13:30~14:30
会場 東京ビッグサイト 東6ホール内 技術PRセミナーD会場
地図
講演タイトル 巧妙化するサイバー攻撃の脅威 ~狙われる仮想通貨・悪用される脆弱性~
概要 サイバー攻撃が高度化、巧妙化していると言われて久しい。 昨年から今年にかけて、弊社マルウェアラボでは新たな脅威を多数確認している。 これらの脅威から資産を守るためには、ユーザー自身が脅威の存在を知っておくことが重要である。 本講演では、今年特に警戒すべき脅威として、「仮想通貨を狙った攻撃」 「脆弱性を悪用した攻撃」を取り上げ、マルウェア解析者の視点から解説する。
10分プレゼンテーション
キヤノンマーケティングジャパンブース内で10分プレゼンテーションを随時開催しています。
タイトル
  • 「未知の脅威」から情報を守る!新たな標的型攻撃対策のご提案
  • GDPR施行間近!日本企業への影響と対策ソリューションのご紹介
  • 防御から検知・対処へ~標的型攻撃に備えるESETのEDRソリューション
  • 「組織のセキュリティレベルを成長させる」~NISTセキュリティフレームワークと5つの備えについて~
  • 中小オフィスに求められるセキュリティ対策とは~HOME(ホーム)のご紹介~
  • 何から始める?効率的な情報漏えいの水際対策
  • 管理の甘さでは片付けられない!効果的な不正アクセス対策の考え方
  • 知らないと損をする!?フレームワークで考える標的型攻撃対策のすすめ
  • あなたのPCが仮想通貨の採掘現場に ~マイニングマルウェアの脅威~
  • ステージプログラムは変更になる可能性がございます。予めご了承ください。

組込みシステム開発技術展

お客さまの「ものづくり」を高い技術と品質で支援

キヤノンの製品開発で培った保有技術や自動車からエネルギーマネジメント、産業機器といった幅広い分野のお客さまでの開発経験を基にした「車載制御システム(AUTOSAR準拠)」「機能安全支援」の2つのソリューション及び「ソフトウェア開発」「品質検証」の2つのサービスについて紹介します。

車載制御システムソリューション

車載制御システム開発の課題解決に向けたご提案を紹介します。

ソフトウェア開発サービス

キヤノンの製品開発で培った要素技術を基に、組込みソフトウェア開発に関わるサービスを展開しています。今回は、産業用カメラを使った画像処理技術に関するデモンストレーションとデータ暗号化やセキュア通信(TLS1.3)に関するデモンストレーションを実施します。

機能安全支援ソリューション

自動車業界や医療業界などの組込み開発のご担当者向けに、「要件変更への対応」や「トレーサビリティ」などの課題解決に向けて最適なツールとして、「Integrity」、「Reqtify」を活用したソリューションをご提案します。

品質検証サービス

開発プロセス全体から品質分析し、お客さまの様々な品質課題を解決するため、以下の3つのサービスをご紹介します。
1.メトリクス収集環境構築、
2.品質分析/ドキュメント評価(上流工程での品質向上)、
3.テスト自動化


ソフトウェア&アプリ開発展

『経営課題』に真の解決策を

「素早くシステム構築したい」「少しでも開発費用を抑えたい」 それを実現できるのが超高速開発ツール【Web Performer】です。 導入企業700社を超える超高速開発ツールの最新情報と活用事例、最新バージョンのデモンストレーションを紹介し、『経営課題』の真の解決策を提案します。

  • 超高速開発コミュニティと共同出展
  • Web Performer <ウェブ パフォーマ>

    アジャイルで「共創開発」!Web アプリケーション自動生成ツールで「開発オートメーション」

    ソフトウェア&アプリ開発 展 特別講演
    ソフトウェア&アプリ開発 展の特別講演として弊社が登壇します。 この機会に是非、皆さまのご参加を賜りますようお願い申し上げます。
    日時 5月10日(木)12:30~14:00
    会場 東京ビッグサイト東7、8ホール 講演会場②
    講演タイトル 「特別講演」超高速開発がもたらす価値と未来像 ~顧客事例から考察する導入効果~
    講演者 キヤノンITソリューションズ(株)
    SIサービス事業部 ソリューション推進本部 ソリューション企画部 部長 高橋 嘉文
    講演概要 超高速開発による脱スクラッチ開発の勢いが止まらない。少人数開発で高い成果をあげ続ける企業。システム利用の現場担当者と共創型開発で成果をあげる企業。超高速開発は、もはや「早く安くシステム導入できる」だけではない。システム開発に求める価値とは何か?同社における具体的事例をもとに超高速開発が生み出す価値を解説する。
    お申込み リード エグジビション ジャパン株式会社の申し込みページからお願いいたします。
    定員 受講無料ですが、定員になり次第申込締切となります