ホーム > トピックス > イベント・セミナーレポート > 第4回 Web Performer技術活用研究会を開催しました
  • イベント・セミナーレポート

第4回 Web Performer技術活用研究会を開催しました

会場 :キヤノンITソリューションズ本社
開催日:2018年11月22日(木)

Web Performer技術活用研究会を開催し、27社36名のユーザ様にご参加を頂きました。
技術活用研究会は、ユーザ様がWeb Performerをより有効活用して頂くために、ユーザ様同士で情報交換を行う目的で、2015年度より毎年実施し本年度で4回目を迎えました!

第一部(13:15~17:30)では、8グループに編成しグループディスカッションを行い、第二部(17:40~18:30)では、懇親会を行いました。

第一部のグループディスカッションでは、今回初めての試みとしてWeb Performerで開発した場合の見積もりの算出についてディスカッションをしました。

◆タイムスケジュール◆
1.弊社より架空のシステム開発案件を説明
2.Web Performerで開発した場合の見積もりを試算
3.各グループの代表者がディスカッション内容を発表

1.弊社より架空のシステム開発案件を説明
架空の会社「Web Performer商事株式会社」が製造業向け計測器の仕入れ・販売の業務(エクセルで管理)において、システム化に伴う業務要件や開発案件の画面や機能などを説明させて頂きました。

2. Web Performerで開発した場合の見積もりを試算
各グループ毎で、架空のシステム開発案件の画面や機能等を元に、Web Performerで開発した場合の見積もりを試算して頂きました。活発に意見交換が行われ、案を出し合い、深く論議されている姿が印象的でした。

3.各グループの代表者がディスカッション内容を発表
発表の結果、班ごとで工数が7.5人/日~60人/日と大きく視点が異なるという興味深い内容となりました。大きな差が出た理由などを各グループ毎に発表頂き、異なる視点に至った経緯を聞くことができた事で、今後のWeb Performer活用の上で参考になったとのご意見も頂戴しました。
参加者の皆様は、他の班がどの様な事をディスカッションしていたのか、とても興味深く聴講されていました。

第二部の懇親会では、飲食をしながらグループに関係なく、フリートークを楽しんで頂きました。

今回の技術活用研究会でお客様より「他社の考えを知るよい機会だった」「他社のユーザと意見交換できる場があるのはうれしい」等といったアンケートコメント頂戴しております。来年度もユーザの皆様にとって有意義な技術活用研究会を実施していきたいと思います。

第4回 Web Performer技術活用研究会を開催しました

関連するソリューション・製品

ホーム > トピックス > イベント・セミナーレポート > 第4回 Web Performer技術活用研究会を開催しました