ホーム > トピックス > コラム > Web会議「効果的な活用術」 使われないWeb会議…原因はやっぱり"音声品質"根本的な解決策とは?
  • コラム

Web会議「効果的な活用術」 使われないWeb会議…原因はやっぱり"音声品質"根本的な解決策とは?

働き方改革やテレワーク推進の流れが後押しとなり、Web会議を導入する企業が増えています。しかし、せっかく導入したのにいまいち活用しきれていない、というケースも後を絶ちません。その大きな要因となるのが音声品質です。Web会議を導入する際には「映像がきれいに見えるかどうか」を気にしがちですが、音声がクリアに聞こえていれば映像は多少乱れていても会議はスムーズに進むもの。逆に、音声が途切れているとどんなに映像がキレイでも、会議になりません。今回は、Web会議にありがちな音声の問題を洗い出すとともに、その根本的な解決策を探ります。

Web会議の音声ストレスの原因はひとつではない

Web会議における音声の問題といっても、様々なトラブルがあります。具体例として、以下のようなトラブルが挙げられます。

  • 紙をめくる音やエアコン、プロジェクターのモーター音などのノイズが多く、肝心の声が聞こえない
  • 回線状況が悪く、声が途切れたり、遅れて聞こえたりする
  • 双方の発言が重なると声が聞こえなくなり、自然な会話ができない
  • ヘッドセットを長時間使うと、耳が痛くなり、疲れる
  • スピーカーの音が小さくて、ずっと注意して聞かなければならないので疲れる

こういったストレスの影響は想像以上に大きく、結果的にWeb会議を導入してもあまり使われないという残念な状況に陥ってしまうのです。

最適なマイクスピーカーとWeb会議システムの組み合わせで、根本的な解決を

音声の問題を解決する方法として、Web会議は比較的静かな会議室でおこなう、発言が重ならないようにする、というルール付けも解決策の1つでしょう。また、PC内蔵のマイクやスピーカーの代わりにWeb会議用のマイクスピーカーを使用するだけでも、一定の効果を期待できます。しかし、問題を根本的に解決するには、最適なマイクスピーカーとあわせてWeb会議システムも音声品質にこだわったものを利用することが重要です。

そもそも、昨今のマイクスピーカーは性能が向上しており、音を"集める"ことに関しては大きな差がありません。一方で、集めた音からノイズなどの余計な音を"取り除く"性能は製品によって大きく異なります。ノイズが残ったままでは、肝心の声がクリアに聞こえないため、まずは、マイクスピーカーの段階でノイズをしっかり取り除き、必要な音(声)だけを集めることが必要になります。とはいえ、マイクスピーカーでせっかくきれいな音を集めても、ネットワーク帯域などの問題から「音が途切れてしまう」「音が遅れて届く」のでは問題です。この問題はネットワークまできちんと制御し、音声品質を担保する仕組みを持つWeb会議システムを利用することで解決できます。

もちろん、Web会議システムで音声品質を担保したとしても、マイクスピーカーがノイズを拾っていたら、ノイズも含めた音が相手に届いてしまいます。どちらもWeb会議には不可欠であり、両者の最適な組み合わせこそが快適なWeb会議のカギを握っているのです。

マイクスピーカー×Web会議システムの最強タッグは?

Web会議に適しているのは、音声処理に優れていることはもちろん、ユーザーが意識せずに使える簡単さがあるものです。

例えば、ヤマハ社製のWeb会議用マイクスピーカーはノイズキャンセリングやエコー除去など高性能な機能の標準提供とあわせて、同社がこれまでホール・イベント用音響機器などで培ってきた技術をつぎ込み、音声処理に強いDSP(デジタル信号プロセッサ)を搭載。特別な設定やチューニング不要で、常に最適な状態で利用できます。Web会議でよく聞かれる「(こちらの声が相手側に送られ、)相手側のスピーカーから出たこちらの声が、再度マイクで拾われて、やまびこ(エコー)のようにこちらへ返ってきてしまう」というエコー問題も、一般的なマイクスピーカーはスピーカーから音声を出力している間、マイクで音を拾わないことで対策をおこなっていますが、同社のマイクスピーカーではスピーカーから出力された音声もすべて収音した上で、自身が出力した音をデジタル処理により差し引くことで解決。これにより「相手の発言中に、こちらが発言すると声が届かない」といったことがなくなり、より自然な会話に近づきます。

そして、キヤノンITソリューションズが提供するWeb会議システム「IC3(アイシーキューブ)」は音声品質にこだわりを持ち、ネットワーク帯域が限られる環境では音声を優先して届けるように通信を制御。ネットワーク環境に関わらず、一定の音声品質を担保します。さらに、通信にはTCPを採用し、独自技術によりリアルタイムかつ確実に音声データが相手に届く仕組みを実現するほか、複数拠点でWeb会議をおこなうときに異なる拠点での発言が重なってもクリアに届けられる技術を搭載しています。

Web会議システムとマイクスピーカーの画像

Web会議のシーンにあわせて最適なマイクスピーカー選びを

組み合わせの効果を最大限活かすために、Web会議を開催する環境にあわせたマイクスピーカーを選ぶことが大切です。例えば、打ち合わせスペースのようなオープンな場所では音を遠くまで届ける必要はありませんし、収音範囲も近くに限定されます。一方で、ある程度の広さのある会議室の場合は、遠くに座った人の声もきちんと収音でき、音を遠くまでクリアに届けられるマイクスピーカーが必要でしょう。また、1人でWeb会議に参加する際に利用するヘッドセットは、長時間装着することを考慮して選ぶことをお勧めします。さらに上級テクニックとして、ハンドマイクや天井スピーカーなどの入出力をミックスしてPCに取り込めるタイプのマイクスピーカーを使えば、大規模遠隔セミナーや、役員会議向けのWeb会議専用ルームを構築することもできます。

マイクとスピーカーのラインナップ画像


【その他:上級者向け】
ClearOne Converge Huddle(販売:松田通商株式会社) / 20名以上(遠隔セミナー)
エコーキャンセラ―を3つ搭載した4入力4出力の音声ミキサー。外部ワイヤレスマイクや、天井マイク、スピーカー、ディスプレイ、プロジェクターなどの装置とPCをUSBケーブル1本で接続し、スマートにWeb会議が可能。

改めて注意したい、マイクスピーカーの正しい使い方

せっかく最適なマイクスピーカーを使っていても、使い方が間違っているとその性能を最大限活かすことができないため、注意が必要です。

例えば、Web会議をしているとつい発言している人の近くにマイクスピーカーを移動してしまうことがありますが、これはNG。マイクスピーカーは音の反響などを計算して音声処理をおこなっているため、会議がはじまったら移動させないのが正しい使い方です。また、ノートPCの近くに置くと、モニター部分が壁となり、発言者の声を遮ってしまったり、音を跳ね返してエコーを発生させてしまったりすることも。こちらも注意したいところです。

さらに、せっかく高性能なマイクスピーカーを導入したにも関わらず、Web会議システム側の設定で異なるマイクスピーカーが選ばれていたというケースも。これではせっかく導入したマイクスピーカーの意味がありません。「IC3」では、PCに接続されている機器からWeb会議に適したものを自動で選択する機能を搭載。Web会議用のマイクスピーカーが優先的に選択されることにより、「うっかりノートPC標準のマイクを使っていた」といった事態を防ぐことができます。

「声がきれいに聞こえる」「自然に会話できる」といったWeb会議の魅力は実際に体験しなければわかりにくいもの。そこでキヤノンITソリューションズでは「IC3」とマイクスピーカーの無料トライアルを用意しています。まずは、無料トライアルで実際の音や、Web会議を試してはいかがでしょうか?

(1)IC3無料トライアル お申し込み・お問い合わせ (2)Web会議、マイクスピーカー選びに関するお問い合わせ

関連するソリューション・製品

ホーム > トピックス > コラム > Web会議「効果的な活用術」 使われないWeb会議…原因はやっぱり"音声品質"根本的な解決策とは?