ホーム > トピックス > イベント・セミナーレポート > 注目のハイパースペクトル技術を使った画像処理ソフトウェア取り扱い開始・メディア向けに発表会を開催
  • イベント・セミナーレポート

注目のハイパースペクトル技術を使った画像処理ソフトウェア取り扱い開始・メディア向けに発表会を開催

メディア向けの発表会

当社は、LuxFlux(本社:ドイツ)と販売代理店契約を締結し、LuxFlux社製統合ハイパースペクトル画像処理ソフトウェアの提供を2019年12月9日から開始しました。
本製品は、ハイパースペクトルイメージング(HSI)技術を中心としたデータ処理を行う汎用的な産業用ソフトウェアで、機械学習(AI)による解析・測定モデル開発ができ、製造ラインにおいて対象物の可視化、分類、測定が可能です。

本発表に際し、事前にメディアの方々向けに会見を開催。事業概要を紹介した後、当社のシニアアプリケーションスペシャリストより製品の概要をご説明しました。質疑応答では、画像処理専門メディア、食品専門メディアの皆さんより、具体的な使用用途や他製品との比較など多数のご質問があり、この市場の将来性を確信しました。

今後、「可視化」「分類」「測定」といった従来の可視光では不可能な用途に活用できるハイパースペクトルデータの産業利用・AI化の画像処理市場を創出し、本製品を拡販していきます。

  • 紫外~可視~赤外の光の領域のうち、数十以上の波長から分光イメージングデータを得られるカメラ(ハイパースペクトルカメラ)及び、そのデータを解析する技術の総称

関連するソリューション・製品

ホーム > トピックス > イベント・セミナーレポート > 注目のハイパースペクトル技術を使った画像処理ソフトウェア取り扱い開始・メディア向けに発表会を開催