ホーム > トピックス > イベント・セミナーレポート > 第1回 AIとロボティクス産業展 に出展
  • イベント・セミナーレポート

第1回 AIとロボティクス産業展 に出展

会場:幕張メッセ

開催日:2019年4月17日~19日

主催:一般社団法人日本能率協会

当社はAI活用のための総合技術展「INDUSTRY-FRONTIER 2019」の中の1テーマである「第1回 AIとロボティクス産業展」に出展しました。

キヤノンITSのブースでは、フローチャート形式のマシンビジョンアプリケーション「 MatroxDesignAssistant 」の「ディープラーニング機能」を活用した食品(シリアル)検査デモンストレーションを行いました。

また、産業用カメラで撮像した多くの画像(ビッグデータ)を用いて学習モデルを生成し、状態(良品・不良品)判定を行い品質管理をする、ビッグデータ可視化ツール「BIGDAT@Viewer」のデモンストレーションを行いました。昨今「ビッグデータの活用」を課題認識されている企業が増えており、多くのお客さまにお立ち寄りいただきました。

他にも、キヤノンが提唱するFA向けイメージ一括管理システム「CANON INDUSTRIAL IMAGING PLATFORM」の1つである画像処理ソフトウェア「Vision Edition」を紹介いたしました。アームロボットを活用したデモ展示が注目され、多くの来場者へPRすることができました。

マスコミ(食品・物流専門紙)からの取材もあり、特に食品専門紙からは「AIを活用した品質管理システムの実現は、食品製造メーカーにとって、大変有益な情報になる」と熱心に聞いていただきました。

今後もお客さまの課題を察知し解決に導く、時代に沿った製品・サービスの提供に努めていきます。

「AIとロボティクス産業展」に出展

関連するソリューション・製品

ホーム > トピックス > イベント・セミナーレポート > 第1回 AIとロボティクス産業展 に出展