ホーム > コラム > イベント・セミナーレポート > 「Made in Japanの品質を世界に」海外販路拡大セミナーを開催

「Made in Japanの品質を世界に」海外販路拡大セミナーを開催

開催日:2017年9月28日「木曜日」
会場:天王洲アイル


 国際的な電子商取引である越境EC市場が飛躍的に伸びており、日本企業にとっては販路、売上拡大の商機を迎えています。当社は最新の越境EC情報や海外市場における模倣品対策について、事例やノウハウを紹介するセミナーを開催しました。

 基調講演では、経済産業省様に登壇いただき、地域の資源を活かすローカルクールジャパンの取り組みを紹介いただきました。
続いて、越境ECサイトの構築を多く手掛けるジェイグラブ株式会社様に越境EC市場の最新情報について講演いただきました。
当社はスマートフォンを活用したオンライン型の正規品判定クラウドサービス「C2V Connected」について、キヤノン中国の導入事例を交えて紹介しました。
 最後に、「C2V Connected」を導入いただいた金沢の金箔工芸品メーカーの株式会社箔一様に登壇いただき、海外市場への期待と共に海外展開する上での模倣品対策の重要性を語っていただきました。

 海外市場における模倣品対策は大きな経営課題となっています。セキュリティホログラム等の従来型と比べ消費者が簡単にスマートフォンで判定できる当社の模倣品対策を紹介し、消費者とブランドを守る対策の必要性をアピールしました。当日は、製造業、流通業をはじめ、知的財産関係者など50名が出席し模倣品対策に関する注目度の高さを感じました。

 当社は、正規品判定クラウドサービス「C2V Connected」の提供を通じて模倣品被害の撲滅に貢献し、お客さまの海外販路拡大に向けた支援を続けていきます。

「Made in Japanの品質を世界に」海外販路拡大セミナーを開催

関連するソリューション・製品

ホーム > コラム > イベント・セミナーレポート > 「Made in Japanの品質を世界に」海外販路拡大セミナーを開催