ホーム > コラム > イベント・セミナーレポート > 「カード決済データセキュリティ強化最前線」セミナーを開催

「カード決済データセキュリティ強化最前線」セミナーを開催

2017/08/23

開催日:2017年7月26日「水曜日」
会場:中小企業会館


 2020年に向けてキャッシュレス決済の普及による決済の利便性・効率性の向上を図るため、クレジットカード取引におけるセキュリティー環境を国際水準へと整備することが求められています。カード加盟店であるEC事業者は、2018年3月末までにカード情報が加盟店のサーバーを通過しない「非通過型決済」の利用によるカード情報非保持化、もしくはクレジットカード業界のセキュリティー基準「PCI DSS*」の準拠が求められるなど、カード会社全般においても対応を本格化する動きが活発になってきています。

 これらの動きを受けて、本セミナーの基調講演では、Mastercard様から「決済の不正利用防止の国際的な取り組みと対策」と題して、国際的なセキュリティーの動向や自社の取り組みについて紹介されました。また、NTTデータ先端技術株式会社様より「カード情報保護に向けたPCI DSS基準のポイント」と題して、その特徴をはじめ、PCI推進の進捗状況について講演いただきました。つづいて、当社から「Vormetric」のトークナイゼーション機能と導入ステップについて説明しました。

 会場は、定員を大幅に超えるほど盛況で満席でした。セミナー終了後には、実際に商談につながるなど、本セミナーを通じて、「PCI DSS」に対する関心の高さを感じさせました。当社は、今後もエンタープライズ領域におけるセキュリティーに関して、お客さまのニーズに沿った提案を積極的に行っていきます。


  •  PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard) … カード情報を扱う全ての事業者に対して国際ブランドが定めたデータセキュリティーの国際基準

クレジット取引事業者向け「カード決済データセキュリティ強化最前線」セミナーを開催

関連するソリューション・製品

ホーム > コラム > イベント・セミナーレポート > 「カード決済データセキュリティ強化最前線」セミナーを開催