ホーム > 事例紹介 > 株式会社電算システム
ホーム > 事例紹介 > 製品別から探す > Vormetric事例一覧 > 株式会社電算システム

株式会社電算システム

PCI DSS 準拠のための暗号化/トークナイゼーションにVormetric 製品を選んだ電算システム。

  • 情報漏洩対策
  • 製品・サービス品質の向上

ペイメントソリューション、ITソリューション、クラウドソリューシンのそれぞれの領域で、幅広いソリューションやサービスを展開しているのが電算システムだ。そのうちの1つであるペイメントソリューションでは、コンビニ決済代行サービスなどを提供するほか、EC決済やガソリンスタンド、ガス販売店におけるクレジットカード決済もサポートしている。こうしたペイメントソリューションを展開する上で、新たな課題として持ち上がったのは「改正割賦販売法」で求められているPCI DSSへの準拠だ。そこで電算システムでは、暗号化・トークナイゼーションを実現する「Vormetric Tokenization with Dynamic Data Masking(VTS)」 と「Vormetric Transparent Encryption(VTE)」、「Vormetric Data Security Manager(DSM)」を活用し、PCI DSSへの準拠を果たした。

導入製品

お客様データ

社名:株式会社電算システム
事業内容:ペイメントソリューション/ITソリューション/クラウドソリューションの開発・提供
従業員数:557名(単体)、765名(連結)

お客さまのご要望

  • コストを抑えてクレジットカード決済サービスのシステムを PCI DSS に準拠させたい。
  • 対象システムやサーバーの数が多いほか、プレーンテキストで保存している情報も暗号化しなければならない。
  • データベース内のデータを暗号化すると PCI DSS の監査対象になるため、トークナイゼーションを採用したい。

お客さまが実現できたこと

  • Vormetricの各ソリューションが幅広いOSやデータベースをサポートしていたため、コスト負担を抑えられた。
  • トークンボルトが不要なボルトレスのトークナイゼーションを採用したことで、PCI DSS の監査対象範囲を縮小できた。
  • プレーンテキストファイルを透過暗号で保護することができた。

導入いただいたソリューション・製品

ホーム > 事例紹介 > 株式会社電算システム
ホーム > 事例紹介 > 製品別から探す > Vormetric事例一覧 > 株式会社電算システム